リストストラップの巻き方!トレーニングでの使い方やおすすめは?

リストストラップの巻き方!トレーニングでの使い方やおすすめは? 【筋トレグッズ】トレーニングサポート

筋トレで使うリストストラップは、手とバーをつなげて握力を補助してくれる道具のひとつです。

名前が似ているものでリストラップがありますが、こちらは手首を補助する筋トレグッズですので別物です。

 

リストストラップと同じく握力のサポートになる道具にパワーグリップもあります。

両者を比べた際のリストストラップのメリットとしては、

・価格がパワーグリップよりも安い
・かさばらないのでいつでも持ち運べる

ということが挙げられます。

 

デメリットは、装着に少し時間がかかることや使い始めは硬くて使いにくいと感じることもあります。

しかしリストストラップもパワーグリップも握力を補助するサポート力はあまり違いはありません

人によってどちらの方が使いやすいのか、補助力があると感じるかの個人差はあるようです。

 

不足した握力をサポートする道具を使用すると、前腕に力が分散されることを防げますが、逆にいえば使いすぎると握力の発達はあまり望めないということにもなります。

例えばリストストラップを使用してデッドリフト100kgができても、素手では握力が足りなくて持ち上げられない場合は、それが本当の自分の実力です。(リフティングで公式に認められるのは素手だけです)

ですので、リストストラップやパワーグリップなどの握力補助グッズは、毎回使うよりは必要な時だけ使うようにすることが重要です。

 

前腕の力は特に気にしていない人、ボディメイクが中心の人でも体全体の筋力アップのために、毎回使用せずにたまには素手で重量を落として行うと良いです。

最も良い使い方としては、デッドリフトバーベルローイングなどの引く系のトレーニングで最高重量に挑戦する時や前腕の力が入らなくなった最後のセットに使うことが特に効果的です。

 


筋力トレーニングランキング



スポンサーリンク




リストストラップをトレーニングで使うときの巻き方

筋トレのリストストラップの巻き方・使い方!

リストストラップのつけ方は、手を開いた時の親指の方向と同じ方向になるように装着します。

この際に腕時計をつけるように手首につけると血管と神経を圧迫してしまい、痛みも出ることもあるので手首と手の間にかけてつけます。

その状態でバーベルに近づけてバーベル等の下から巻いていきます。巻き終わってから手を何回かひねるともっと丈夫に巻けます。

右利きの人なら右手を使って左手から巻いて、右手は片手で巻きます。徐々に慣れていくと両手を同時に巻けるようになります。

 

 



スポンサーリンク

リストストラップのおすすめは?革製品やナイロン製など様々

リストストラップも様々なブランドから商品が出ています。

性能的な面ではどのブランドも変わらなく、これは自分が好きなブランドで選んでも良いです。

 

革製品の方が使うほどに手に馴染みグリップも感じやすくなるということもありますが、革は基本的に水で洗うことができないという難点もあります。

ナイロン製は硬さが気になる人もいますが最近の作りは十分な強度もあり、そう簡単に破れたりほつれたりすることもありません。
何といっても洗うことができるのがナイロン製のメリットでしょう。

 

あえて言うと、シークやゴールドジムがネームバリューもあり人気が高いです。

 

ゴールドジム(GOLD’S JYM)リストストラップ

 

 

シーク(Schiek)リフティングストラップ

 

 

king2ring リストストラップ

 

 

リストストラップをうまく活用して筋トレのパフォーマンスを上げていきましょう~。

 





スポンサーリンク

 

コメント