【トレーニングメニュー】おすすめ

【トレーニングメニュー】おすすめ

背中の筋トレメニューの順番や組み方!ジムのマシンやダンベルで!

今回は部位別の筋トレメニューの最後、背中編です! 背中の筋トレメニューの順番や組み方について紹介します。 ジムのマシンやフリーウエイトでダンベル・バーベルを使用したトレーニング内容です。 背中の筋トレメニュー!の前に背中の筋肉を確認 ジムに通う人の中には、広くてかっこいい背中を目指している人は多くいると思います。 背中は上半身の筋肉で一番大きいサイズを誇ります。 背中は1種類の筋肉ではなくいくつかの筋肉が集まっています。
【トレーニングメニュー】おすすめ

下半身を鍛える筋トレメニュー!脚やお尻・太ももを強くたくましく!

下半身を鍛える時はどんな筋トレメニューをやっていますか? 下半身はお尻から太もも、ふくらはぎを含む広範囲の筋肉です。 強くてたくましい下半身を作るために、しっかり効果を出せる実践メニューやTIPを紹介します! 下半身の筋肉...
■腕を鍛える・上腕二頭筋

上腕二頭筋の筋トレメニュー!ダンベルやマシンで長頭と短頭を鍛える

長頭と短頭の2つの筋肉から成る上腕二頭筋はどのように筋トレしていますか? 力こぶの筋肉、上腕二頭筋の筋トレメニューを紹介します。 ダンベルやバーベル、ジムのマシンを使って長頭・短頭それぞれに刺激を与えていきます!
■腹筋を鍛える・腹斜筋

腹筋の筋トレは高負荷が重要!部位別で鍛えるおすすめメニュー

腹筋を鍛えて憧れのお腹になるには高負荷の筋トレは欠かせません。 見た目の変化が分かるくらいのシックスパックを手に入れるために、高負荷をかけた腹筋の筋トレのおすすめメニューを見ていきましょう。 実際に僕が実践してやっている筋トレメニューですから、しっかりできれば必ずお腹に変化が現れますよ。
■腕を鍛える・上腕三頭筋

上腕三頭筋の筋トレメニュー!マシンやダンベル・バーベルの組み方

最近は、個人的に好きなトレーニングメニューを続けて紹介しています。 今回は上腕三頭筋で実践として使えるTIPです。 上腕三頭筋はどこにあるかは知っていますよね? 二の腕の背面側で、力こぶを作った時の下側に位置する部位の筋肉です。内側頭と外側頭は割と似たようなトレーニングでも鍛えられますが、長頭は腕を上に上げたまま行う動作でのトレーニングだけで鍛えられます。 つまり一言に上腕三頭筋のトレーニングと言っても、メインターゲットの筋肉がそれぞれ違うので、トレーニング種目を使い分けて全部鍛えなければならないということです。
■胸を鍛える・大胸筋

大胸筋の筋トレメニューならこれ!ジムのマシンやダンベルの組み方

胸の筋トレは、男女ともに見た目にも大きく変化が分かるのでやりがいのある部位です。 男性にとっては憧れの逆三角形の体を作るのにも欠かせませんし、体に厚みを作って貧弱な体型からも抜け出せる必須トレーニングです。胸の筋肉には大胸筋の他に小胸筋や脇の方に位置する前鋸筋もありますが、90%以上を占めるのは大胸筋です。その中でも位置によって3つにに分けられます。しかし肩のようにやり方によって一つの部位を別々に鍛えられるというわけではありません。大胸筋上部を鍛えるインクラインベンチプレスでも大胸筋中部にも効いてきます。 一番基本になるベンチプレスは大胸筋全体に刺激が入ります。
【トレーニングメニュー】おすすめ

肩の筋トレメニューの組み方!バーベル・ダンベルやマシンのセットも

肩のトレーニングをやる時はどのように鍛えていますか? 肩の筋肉である三角筋は、前部・中部・後部と3つの部位から構成されていますが、筋トレのメニューの組み方としてはそれぞれをバランスよく鍛えていくことを考える必要があります。 今回は実践として使える肩の筋トレメニューを紹介していきます。 一般的なやり方ではありますが、僕が個人的によく取り入れるメニューも入っています。 人によっては合わないこともあると思いますので、メニューの組み合わせ方の参考にしてください!
【トレーニングメニュー】おすすめ

ダブルスプリット筋トレのメニューやルーティン!筋肥大や減量に効果

ダブルスプリット(Double Spilt Training Principle)とは、午前・午後などに分けて1日に2回トレーニングを行うという、ウイダートレーニングの原則のひとつです。 このトレーニング法は多くのボディビルダーが活用していて、効果もしっかり出すことが可能です。 1回のトレーニングに1、2ヶ所だけを集中して鍛えられるので鍛えようとする部位に体力を集中して使えます。 ただ一般的には時間、コンディション、体力の問題などでかなり難しいトレーニング法です。 ダブルスプリットの基本原則は一度のトレーニングで時間は短めに、高い強度でトレーニングすることです。
【トレーニングメニュー】おすすめ

マシンだけの筋トレメニュー!ケーブルやスミスマシンのトレーニング

スポーツジムやフィットネスクラブに通う人向けに、トレーニングマシンを使った筋トレメニューを紹介します。決められた動線だけでトレーニングするマシンは、アイソレーション種目が多く、特定の筋肉にしか作用しません。もちろんターゲットとする筋肉を鍛えるためには有効ですし、正しいフォームで行えば効果もしっかり期待できます。
【トレーニングメニュー】おすすめ

ダンベルだけの筋トレメニュー!自重も取り入れ自宅でもトレーニング

ホームトレーニングとして、家に重さの調節できるダンベルがある場合にできる筋トレメニューを組みました。天気が悪い日にジムに行けなくても、自宅でしっかり鍛えてしまいましょう!バルクアップやダイエットなど、目的別に4パターンに分けています。トレーニング種目名・回数・セット数・セット間のインターバルの順に記載しています。