【筋トレ知識】

【筋トレ知識】

水素水は筋トレにも効果がある?飲み方や量と併せて摂りたいミネラルも紹介!

多くのジムに設置されている水素水は筋トレにも効果があるのでしょうか。 一時期は水素水も流行りましたが、結局のところどうなのか確認してみました。 筋トレにも効果的な水素水の飲み方や量があるのかと、一緒に摂りたいミネラルも紹介します!
【筋トレ知識】

肩の筋トレで痛みが出るのを防ぐには?繰り返さないための原因と解決法!

体の部位の中でも、肩は痛めてしまいやすい部位の一つです。 筋トレで肩に痛みが出るという人は、トレーニングのやり方や種目を見直した方が良いかもしれません。 肩の痛みを繰り返さないためにも原因を知って解決していきましょう。
【筋トレ知識】

総消費カロリー(TDEE)とは?体重減少に有効な1日の目安を紹介

あなたの総消費カロリー(TDEE)はどれくらいか知っていますか?ダイエットで体脂肪や体重減少のためには基礎代謝量だけでなく総消費カロリーを知って食べる物の種類やカロリー管理をしていきましょう!体重減少のためには1日の総消費カロリーを知っておくことはとても大切です。
【筋トレ知識】

高齢者の筋トレの注意点や必要性とは?寝たきりを防いで一生健康!

60代・70代以上の人も筋トレをやっていますか?若い時とは違う注意点もありますが、寝たきりを防ぎ、健康に老後を過ごすためには高齢者の筋トレも重要です。今回は高齢者の筋トレの注意点や必要性についてみていきます!このブログを見る人のほとんどが若者だと思いますが、親の世代であれば当てはまるでしょう。健康に生きていくことは切実な願いです。しかし世の中には、体の不自由な高齢者が多くいます。そうなる一番の原因に老化による筋肉と筋力の減少があります。年齢を重ねていても、昔からずっと筋トレや山登りなどのかなりの体力を使う運動をやってきた人は、寝たきりになるほど体が不自由な人はあまりいません。つまり多くは筋力を使う運動をやっていなかったからです。
【筋トレ知識】

筋トレは週に何回がベスト?頻度や効果的な日数を探る!

【週に何日筋トレをするか】筋肉の回復の早さは思った以上に早い 「超回復」という言葉があります。 筋トレで傷ついた筋肉が72時間(3日)かかって回復するという説ですが、これがネットや雑誌などで当たり前のように言われています。しかし実際の回復時間はこんなに長くかかりません。 回復に72時間かかる人は上級者以上の人か、ボディビルダーの話です。そんな特殊な人の場合ではなく、一般に毎回同じマシンや負荷で10回3〜4セットぐらいやる程度のトレーニングだけを習慣的にやっている人や、主にダイエット目的で有酸素運動を優先にしてからついでに筋トレもちょっとやる程度の人なら、筋肉の回復に三日もかかりません。
【筋トレ知識】

筋トレの回数は10回が良いの?おすすめされる理由や効果とは

筋トレでは回数を気にするよりも、負荷(重量)をかけることや筋肉を疲れきるまでやることに注力した方が良いと過去記事でお伝えしましたが、今回はどうしても気になる回数についてみていきたいと思います。 筋トレを始めたばかりの人に基本的に与えられる筋トレメニューにはたいてい共通点があります。 1セットあたり10回やる、という回数です。 なぜ10回なのでしょうか。区切りがいいから?数えやすいから?15回じゃダメなの? と思った人は今回の内容を参考にしてみてください。
■背中を鍛える・広背筋

懸垂(プルアップ・チンアップ)の効果の違いや回数を増やすコツとは

懸垂は上半身を鍛える最高のトレーニングです。重量も増やす必要がなく簡単な動作ではありますが、難易度が高いことはご存知の通りです。正しくできれば少し持ち方を変えるだけで背中の色々な部位にピンポイントに刺激を与えることもできる万能トレーニングですので、懸垂ができない人ももう一度フォームを確認して、少しずつできる回数を増やしていきましょう!ちなみに、懸垂(チンニング)のことをプルアップあるいはチンアップともいいます。主にオーバーグリップ(手の平が正面の向き)で行う懸垂をプルアップ、リバースグリップ又はアンダーグリップ(手の平が後ろ向き、逆手)で行う懸垂をチンアップと呼び分けていますが、海外ではどちらもチンアップと呼ぶなど様々あります。
【筋トレ知識】

ヒップアップの筋トレは男性もやるべき!お尻を鍛えて足長効果も

お尻はボディメイク(体作り)をする中で重要な位置にあるにもかかわらず、胸や肩のように人の目にぱっと入る部分ではありません。(男性の場合) そのためなのか、筋トレを始めたばかりの頃はお尻を鍛える必要性を感じない人が多いです。 さらに言うと、初心者だけではなく中級者や上級者でも大臀筋(お尻)を集中的に鍛えている人は意外と少ないです。 しかしお尻の形が良ければ足を長く見せる効果があったり、タイトなズボンを履いた時に体の全体的なラインを格好よく見せてくれるため、格好のいい体作りをするためには特に気にしなければならない部位がお尻なのです。
【筋トレ知識】

女性と男性のトレーニングの違いとは?一体何が違う?

ジムで良くされる質問のひとつに「女のトレーニングメニューはどうすれば良い?」というものがあります。 私は、基本的には(重量を除いて)トレーニング内容に男女の差はあまりないと思っているので、性別で分けたトレーニングというものは重要視して...
【筋トレ知識】

むくみをとりたい!水分を抜くドライアウトは過食後や大会出場前にも

食べ放題のお店に行ったり、ついつい食べ過ぎてしまったときなど、体がむくんでしまったことはありませんか? 一般的に体がむくむ原因として、デスクワークなど長時間同じ姿勢をとり続けたことから血行が悪くなったり、立ち仕事では重力によって余計な水分が足に溜まってしまうこともあります。 その中でも今回は過食や爆食が原因であるむくみに効く方法に注目してみます。 また、特にむくんでいなくても撮影やプール・海に行く予定がある前には水分を抜くことで体を引き締めたり、フィットネスコンテストに出場する前には筋肉のカットをきれいに出したい時にも有効です。 体内から水分を抜くことから、ドライアウトとも呼ばれます。