■胸を鍛える・大胸筋

■胸を鍛える・大胸筋

大胸筋のメニュー例!実践動画でトレーニングの順番や回数も参考に!

ボディビルダー柳さんの大胸筋トレーニングをモニタリングしました! ベンチプレスから始めて今回は30分で仕上げています。 トレーニングする時間がない…という人でもこのように短時間で一つの部位を集中してやっていけば、十分に鍛えることができます。 今回は4種目の大胸筋トレーニングです。 一つの種目が終わるとすぐに次の場所に移動して1セット目から始めていくので種目間のインターバルも2分程度です。
■胸を鍛える・大胸筋

ベンチプレスのやり方と種類を動画でチェック!間違ったフォームとは!

今回は、筋トレBIG3のひとつであるベンチプレスです。 ベンチプレスも度々紹介していますが、簡単なように見えてフォームが間違っている人も多いです。 一番問題なのは、間違えたフォームであることに気がつかないまま正しいと思いこんでいると、なかなか結果がついてきませんし、思わぬ怪我に繋がることもあります。 ベンチプレスのウォームアップから実践、間違っているフォームについても動画で紹介しますので、自分のフォームも見直してみてくださいね。
■胸を鍛える・大胸筋

ケーブルフライ(筋トレ)のやり方とフォーム!低重量高回数がポイント

ケーブルフライ(Cable Fly)とは、ケーブルマシンを利用して行うチェストフライのバリエーションで、大胸筋全体を鍛えるトレーニングです。 ケーブルマシンでできる他の大胸筋のトレーニングにはケーブルクロスオーバー、ロープーリーケーブルクロスオーバーなどがあります。 見た目では簡単に見える動作ですが、やり方や集中力の度合いによって効果は大きく変わります。
■胸を鍛える・大胸筋

大胸筋の筋トレメニューならこれ!ジムのマシンやダンベルの組み方

胸の筋トレは、男女ともに見た目にも大きく変化が分かるのでやりがいのある部位です。 男性にとっては憧れの逆三角形の体を作るのにも欠かせませんし、体に厚みを作って貧弱な体型からも抜け出せる必須トレーニングです。胸の筋肉には大胸筋の他に小胸筋や脇の方に位置する前鋸筋もありますが、90%以上を占めるのは大胸筋です。その中でも位置によって3つにに分けられます。しかし肩のようにやり方によって一つの部位を別々に鍛えられるというわけではありません。大胸筋上部を鍛えるインクラインベンチプレスでも大胸筋中部にも効いてきます。 一番基本になるベンチプレスは大胸筋全体に刺激が入ります。
■胸を鍛える・大胸筋

スミスマシンナローベンチプレスで上腕三頭筋に効果的なやり方や手幅

スミスマシンナローベンチプレス(Smith Machine Narrow Bench Press)とは、通常のベンチプレスでは肩幅より広めにバーを持つのに対し、両手のグリップ間隔を肩幅よりも狭くしてスミスマシンを使って行うベンチプレスです。 ベンチプレスは大胸筋を鍛える代表トレーニングですが、両手の幅を狭くして行うナローベンチプレスに限っては、大胸筋よりも上腕三頭筋を中心に鍛えるトレーニングになります。グリップを狭くするほど三角筋と大胸筋の外側からの介入が減って上腕三頭筋の全体と胸の真ん中に刺激が集中されます。両手の幅は10cmから肩幅まで様々です。
■胸を鍛える・大胸筋

スミスマシンデクラインベンチプレスのやり方や角度・フォームを解説

現役トレーナー監修!動画でフォームを確認。15~25度の傾斜のついたデクラインベンチに頭の方を下にして横になり、スミスマシンを使用して大胸筋の下部を中心に鍛えるトレーニングです。 デクラインベンチプレスと同じく、大胸筋下部はインクラインで行う大胸筋上部より重い重量で行うことができます。重量設定や回数も参考に。
■胸を鍛える・大胸筋

スミスマシンインクラインベンチプレスの効果やフォームとやり方!

鍛えられる部位は鎖骨に接している大胸筋上部と前部三角筋です。大胸筋全体を鍛える種目としてはベンチプレス、スミスマシンベンチプレス、ダンベルプレス、チェストプレスマシンなどがあり、これらで大胸筋上部も一緒に鍛えることはできますが、大胸筋上部(鎖骨部)を一番メインとして鍛えるためにはこのインクラインベンチを使って行います。
■胸を鍛える・大胸筋

大胸筋の鍛え方!ジムで上部・下部・内側をケーブルやマシンで筋トレ

大胸筋をしっかり鍛えると、男性ならたくましい体になりますし、女性は脂肪の底にある筋肉が発達するとバストアップにもつながります。胸の一番大きな筋肉である大胸筋は扇子を広げたような形をしていて、上部にある鎖骨部、内側(中部)に位置する胸肋部、下部にある腹部の三つの部位に分けることができます。
■胸を鍛える・大胸筋

デクラインベンチプレスのやり方や効果・下ろす位置を動画で確認!

15~25度の角度のついたデクラインベンチに頭の方を下にして横になり、バーベルを使用して大胸筋の下部を鍛えるトレーニングです。デクラインダンベルプレスと同じく、インクラインベンチプレスより重い重量で行うことができます。フラットベンチとの違いは大胸筋下部に刺激が集中することです。重量設定や回数、インターバルも参考に。
■胸を鍛える・大胸筋

クローズグリップベンチプレスで上腕三頭筋に効果を出すやり方と重量

両手のグリップ間隔を肩幅よりも狭くして行うベンチプレスです。 ベンチプレスと言うと胸の筋肉を鍛えるトレーニングの代表ですが、手幅を狭くして行うクローズグリップベンチプレスに限っては、大胸筋よりも上腕三頭筋を中心に鍛えるトレーニングになります。やり方やフォームを動画で確認しましょう。重量設定や回数、インターバルも参考に。