大胸筋

■胸を鍛える・大胸筋

ケーブルフライ(筋トレ)のやり方とフォーム!低重量高回数がポイント

ケーブルフライ(Cable Fly)とは、ケーブルマシンを利用して行うチェストフライのバリエーションで、大胸筋全体を鍛えるトレーニングです。 ケーブルマシンでできる他の大胸筋のトレーニングにはケーブルクロスオーバー、ロープーリーケーブルクロスオーバーなどがあります。 見た目では簡単に見える動作ですが、やり方や集中力の度合いによって効果は大きく変わります。
■胸を鍛える・大胸筋

スミスマシンデクラインベンチプレスのやり方や角度・フォームを解説

現役トレーナー監修!動画でフォームを確認。15~25度の傾斜のついたデクラインベンチに頭の方を下にして横になり、スミスマシンを使用して大胸筋の下部を中心に鍛えるトレーニングです。 デクラインベンチプレスと同じく、大胸筋下部はインクラインで行う大胸筋上部より重い重量で行うことができます。重量設定や回数も参考に。
■胸を鍛える・大胸筋

スミスマシンインクラインベンチプレスの効果やフォームとやり方!

鍛えられる部位は鎖骨に接している大胸筋上部と前部三角筋です。大胸筋全体を鍛える種目としてはベンチプレス、スミスマシンベンチプレス、ダンベルプレス、チェストプレスマシンなどがあり、これらで大胸筋上部も一緒に鍛えることはできますが、大胸筋上部(鎖骨部)を一番メインとして鍛えるためにはこのインクラインベンチを使って行います。
■胸を鍛える・大胸筋

大胸筋の鍛え方!ジムで上部・下部・内側をケーブルやマシンで筋トレ

大胸筋をしっかり鍛えると、男性ならたくましい体になりますし、女性は脂肪の底にある筋肉が発達するとバストアップにもつながります。胸の一番大きな筋肉である大胸筋は扇子を広げたような形をしていて、上部にある鎖骨部、内側(中部)に位置する胸肋部、下部にある腹部の三つの部位に分けることができます。
未分類

ベンチプレスはロックアウトで腕を伸ばしきる?可動域は狭くする?

ベンチプレスでは気をつけておきたいことがいくつかあります。今回は、ベンチプレスでバーベルを持ち上げる時にどのぐらいまで腕を伸ばして持ち上げればいいのかについて考察します。基本的なベンチプレスのやり方としては、ロックアウトつまり腕を伸ばしきることはよくありません。だからと言って可動域を狭くするのかというわけではないのです。
■胸を鍛える・大胸筋

デクラインベンチプレスのやり方や効果・下ろす位置を動画で確認!

15~25度の角度のついたデクラインベンチに頭の方を下にして横になり、バーベルを使用して大胸筋の下部を鍛えるトレーニングです。デクラインダンベルプレスと同じく、インクラインベンチプレスより重い重量で行うことができます。フラットベンチとの違いは大胸筋下部に刺激が集中することです。重量設定や回数、インターバルも参考に。
■胸を鍛える・大胸筋

スミスマシンベンチプレスのやり方とフォーム!傾斜と垂直の違いとは

スミスマシンには「傾斜スミスマシン」と「垂直スミスマシン」があります。そして種類によってもブランドによっても動きの硬さも異なります。傾斜スミスマシンは通常の(ベンチに横になって行う)ベンチプレスに合っていて、垂直スミスマシンはインクラインベンチプレスやデクラインベンチプレスに合います。やり方を動画で確認。
■胸を鍛える・大胸筋

デクラインダンベルプレスで大胸筋下部に効果を出すやり方とフォーム

15~25度の傾斜のついたデクラインベンチに頭の方を下にして横になって大胸筋の下部を鍛えるトレーニングです。一般的にはインクラインダンベルプレスより重い重量で行います。やり方やフォームを動画で確認。受領設定や回数・インターバルも参考に。慣れていないとケガをするリスクもあるので注意が必要です。
■胸を鍛える・大胸筋

インクラインダンベルフライのやり方やフォーム・角度の設定も解説

チェストフライ系のトレーニングでダンベルフライのバリエーションの一つです。 25~35度に斜めにしたベンチ(インクラインベンチ)に体を乗せ、両手にダンベルを持って体の上から真横にダンベルを上下させて行う大胸筋トレーニングです。大胸筋の上部である鎖骨部の筋肉をきれいに筋肉鮮明度(セパレーション)を仕上げます。
■胸を鍛える・大胸筋

バーベルプルオーバーの筋トレ効果は大胸筋!重量やフォームを解説

現役トレーナー監修。バーベルプルオーバーの場合は他の種目とのコンパウンド的なトレーニングに活用するのに最適なので、中級者以上の方々がよく行うトレーニングです。やり方やフォームを動画で解説。重量設定や回数、セット数も参考に。肩が痛い人や関節の柔軟性があまりない人は無理に行うと負傷しやすいので他の種目で鍛えましょう。