ケーブルマシン

■胸を鍛える・大胸筋

ケーブルフライ(筋トレ)のやり方とフォーム!低重量高回数がポイント

ケーブルフライ(Cable Fly)とは、ケーブルマシンを利用して行うチェストフライのバリエーションで、大胸筋全体を鍛えるトレーニングです。 ケーブルマシンでできる他の大胸筋のトレーニングにはケーブルクロスオーバー、ロープーリーケーブルクロスオーバーなどがあります。 見た目では簡単に見える動作ですが、やり方や集中力の度合いによって効果は大きく変わります。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

ケーブルアームカールで上腕二頭筋に効かせるやり方とフォーム

ケーブルアームカール(Cable Arm Curl)とは、ケーブルマシンを利用して行うケーブルカールのバリエーションで、上腕二頭筋を鍛えるトレーニングです。 ケーブルカールは、ケーブルを下の位置から引き上げる動作なので動きは似ていますし違いもほとんどないと思われるかもしれません。 しかしケーブルカールはどうしても三角筋前部にも少し刺激が入ってしまうのに比べて、このケーブルアームカールは三角筋前部にほとんど刺激が入らず上腕二頭筋に刺激が集中されるメリットがあります。
■肩を鍛える・三角筋後部

ケーブルリバースフライのやり方!マシンで肩の背面に効果を出す!

ケーブルリバースフライ(Cable Reverse Fly)とは、ケーブルマシンを利用して行うリアレイズのバリエーションで、三角筋後部を鍛えるトレーニングです。動画でやり方やフォームを確認しておきましょう。ケーブルマシンを使用した他の三角筋後部のトレーニングには、フェイスプル、ケーブルリアレイズなどがあります。ケーブルリバースフライは簡単な動作ですが、上手に行えばいい効果を出せるので肩を鍛える時によく行われています。戻す動作スピードをゆっくりすること、ひじの角度を一定して維持すること、反動を抑えて行うことが重要です。
■背中を鍛える・広背筋

ケーブルラットプルダウンのやり方やフォーム!重量設定・効果も確認

ケーブルマシンを利用して行うラットプルダウンのバリエーションです。2つのケーブルからの張力を利用して行うため、ラットプルダウンマシンとはまた別の刺激を感じることができます。広背筋を鍛える日にプルダウン系だけで構成してメニューを組んで行う場合にケーブルラットプルダウンも取り入れるとより良い効果を出せるでしょう。
■体幹を鍛える

ケーブルマシンデッドリフトのやり方やフォームを動画で確認!

現役トレーナー監修!ケーブルマシンは固定されたマシンと違って動きがかなり自由にできるので、フリーウエイトに近い状態で行うことができますが、 引っ張られる負荷と共にケーブルの摩擦によってフリーウエイトとはまた違う刺激を感じられます。やり方を動画で解説。重量設定や回数、セット数も参考に。
■体幹を鍛える

ケーブルマシンベントオーバーローイングのやり方を動画で解説

ケーブルマシンを使用して行うベントオーバーローイングで背中を鍛えるトレーニングです。ケーブルマシンは動きのスピードや軌道、姿勢などを自分で細かく設定してコントロールができるのがメリットです。腰を前に曲げた状態で引っ張るベントオーバーローイング、上半身を立てた状態で引っ張るパラレルローイングも行うことができます。
【女性向け筋トレ】ヒップアップ

ケーブルドンキーキックのやり方!ヒップアップに効く回数やフォーム

四つん這いの体勢から片足を曲げたまま上げて行うドンキーキックで、ケーブルマシンで負荷をかけてさらに大臀筋に効かせます。他の自重トレーニングにも言えることですが、自重のドンキーキックも何度もトレーニングすれば強度が物足りなった時に使うのがトレーニング道具やマシンです。ジムではケーブルマシンを使うことが一般的です。
【女性向け筋トレ】ヒップアップ

ケーブルプルスルーのやり方やフォームを動画で解説!お尻に効果絶大

ケーブルマシンの張力を利用してお尻(大臀筋)と腰(脊柱起立筋)を鍛えるトレーニングです。 ケーブルマシンで簡単にできるトレーニングなのでヒップアップを目指す女性に向いているトレーニングです。 お尻を強化するので美尻作りにはもちろん、腰回りも強化するのでウエストもシェイプアップできます。
【女性向け筋トレ】ヒップアップ

ケーブルスクワットのやり方とフォームを確認!回数や負荷の目安とは

ケーブルスクワット(Cable Squat)とは、ケーブルマシンの張力を利用してお尻(大臀筋)に強い刺激を与えてヒップを鍛えるトレーニングです。 ケーブルマシンにフィットネスロープをつけて、ロープを握って行います。 【送...
【女性向け筋トレ】ヒップアップ

ケーブルマシンで行うヒップエクステンションのやり方・使い方を解説

初心者でも自重のヒップエクステンションでは物足りなくなった時に行うヒップアップのトレーニングがケーブルヒップエクステンションです。エクササイズチューブで負荷をかけて行うこともできます。チューブヒップエクステンションは家でもできるのでかなり有効です。しかしケーブルマシンの方が負荷重量を上げやすいメリットもあります。