ケーブルマシン

■胸を鍛える・大胸筋

ケーブルクロスオーバーマシン・ロープーリーは大胸筋上部に効果大!

ケーブルを一番下に下げて行うケーブルクロスオーバーです。動画でやり方とフォームを確認。ケーブルクロスオーバーと動きは同じですが、筋肉部位の位置が違います。ケーブルを下にするほど大胸筋の上部が鍛えられます。ケーブルクロスオーバーより刺激を感じやすいので初心者でもフォームさえ真似して行えばすぐに胸の刺激を感じられます。
■胸を鍛える・大胸筋

ケーブルクロスオーバーマシンで大胸筋下部に効くやり方とフォーム

チェストフライのバリエーションの一つで、ケーブルマシンを使い引っ張る動作で大胸筋を鍛えるトレーニングです。ケーブルの位置を変えることで(ケーブルクロスオーバー・ロープーリー)大胸筋の中でも刺激スポットが変わるので、日ごとに位置を変えるなどして鍛えていきましょう。動画でやり方とフォームを確認。重量や回数も参考に。
■腕を鍛える・上腕三頭筋

ケーブルキックバックのやり方とフォーム・重量設定やコツを解説

動画でやり方をチェック!ダンベルキックバックは腕を伸ばした時が刺激が一番強いですが、ひじを曲げておろすと刺激はほとんどなくなるので、その弱点をカバーするのケーブルキックバックです。腕を曲げたところでもケーブルからの張力が発生するため、ずっと広い範囲で負荷がかかります。初心者の男女別重さの設定や回数セット数も参考に。
■腕を鍛える・上腕三頭筋

トライセプスプレスダウン・リバースグリップで行うやり方と効果を解説

トライセプスプレスダウンのバリエーションで、バーを逆手で持って行います。鍛えられる部位は腕の内側である上腕三頭筋の内側頭です。他には外側頭や長頭の筋トレが多いので、バランスよく鍛えるには必須のトレーニングです。やり方やフォームを動画で確認。重量はマシンによって大きく異なりますが、最大で15回できる負荷重量がベストです。
■腕を鍛える・上腕三頭筋

トライセプスプレスダウンロープ(トライセップロープ)のやり方と効果

トライセプスプレスダウンのロープを使用したバリエーションの一つで、ケーブルマシンを利用して腕の外側である上腕三頭筋の外側頭(馬のひづめのような形)を作れます。三角筋と上腕三頭筋の境界線もはっきり出していくことができるので体作りにはとても重要です。やり方とフォームを動画で確認。重量やセット数、回数、インターバルも参考に。
■腹筋を鍛える・腹直筋

ケーブルクランチで腹筋に効くやり方やコツ・フォームを動画で解説!

シットアップのバリエーションのひとつで、ケーブルを腹筋を使って下に引っ張るトレーニングです。現役トレーナーが動画で解説。クランチの進化版とも言え、ケーブルマシンを使い腹筋だけを鍛えることができます。自重より腹筋に効かせられ、腰を痛めにくいです。正しく行えば腹筋の厚みを増やすのにとても効果的なトレーニングです。
■腕を鍛える・上腕三頭筋

トライセプスプレスダウンのやり方と基本フォームを動画で解説!

現役トレーナーと東京チャンピオンの現役ボディビルダーが監修!トライセプスプレスダウン(Triceps Press Down)は上腕三頭筋の外側頭、内側頭を鍛える代表的なトレーニングです。三角筋と上腕三頭筋の境界線もはっきり出していくことができますので体作りにはとても重要なトレーニングです。
スポンサーリンク