アイソレーション種目

■胸を鍛える・大胸筋

ケーブルフライ(筋トレ)のやり方とフォーム!低重量高回数がポイント

ケーブルフライ(Cable Fly)とは、ケーブルマシンを利用して行うチェストフライのバリエーションで、大胸筋全体を鍛えるトレーニングです。 ケーブルマシンでできる他の大胸筋のトレーニングにはケーブルクロスオーバー、ロープーリーケーブルクロスオーバーなどがあります。 見た目では簡単に見える動作ですが、やり方や集中力の度合いによって効果は大きく変わります。
■腹筋を鍛える・腹斜筋

ハンギングレッグレイズツイストのやり方と効果を出すフォーム!

ハンギングレッグレイズツイスト(Hanging Leg Raise Twist)とは、鉄棒などのぶら下がれるところを利用してぶら下がって、体幹をひねりながらそろえた両足を左右に交互に上げ下げして腹斜筋を鍛えるトレーニングです。 ハンギングレッグレイズツイストは腹斜筋に強い刺激を与えるトレーニングですが、腹直筋にもかなり刺激は入ります。 腹斜筋(脇腹)を鍛えるには主に、 1.ひねる動作 2.体を横に曲げる動作 のどちらかで鍛えられます。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

ケーブルアームカールで上腕二頭筋に効かせるやり方とフォーム

ケーブルアームカール(Cable Arm Curl)とは、ケーブルマシンを利用して行うケーブルカールのバリエーションで、上腕二頭筋を鍛えるトレーニングです。 ケーブルカールは、ケーブルを下の位置から引き上げる動作なので動きは似ていますし違いもほとんどないと思われるかもしれません。 しかしケーブルカールはどうしても三角筋前部にも少し刺激が入ってしまうのに比べて、このケーブルアームカールは三角筋前部にほとんど刺激が入らず上腕二頭筋に刺激が集中されるメリットがあります。
■肩を鍛える・三角筋後部

ケーブルリバースフライのやり方!マシンで肩の背面に効果を出す!

ケーブルリバースフライ(Cable Reverse Fly)とは、ケーブルマシンを利用して行うリアレイズのバリエーションで、三角筋後部を鍛えるトレーニングです。動画でやり方やフォームを確認しておきましょう。ケーブルマシンを使用した他の三角筋後部のトレーニングには、フェイスプル、ケーブルリアレイズなどがあります。ケーブルリバースフライは簡単な動作ですが、上手に行えばいい効果を出せるので肩を鍛える時によく行われています。戻す動作スピードをゆっくりすること、ひじの角度を一定して維持すること、反動を抑えて行うことが重要です。
■下半身を鍛える・ふくらはぎ(ひふく筋)

カーフレイズオンレッグプレスマシンのやり方!重量・回数を解説

レッグプレスマシンを使ってふくらはぎを鍛えるトレーニングです。フットプレートの一番下あたりに足を位置させて、つま先立ちをするようにしてかかとを上げ下げし、ふくらはぎを鍛えます。すごく負荷重量を重くして7〜10回にするか、少し軽めにして20〜30回限界までする方法で行います。
■下半身を鍛える・ふくらはぎ(ひふく筋)

スタンディングカーフレイズのやり方を動画で確認!回数や重量も解説

ふくらはぎを鍛える基本となるトレーニングです。スミスマシンなどを使って立った状態でつま先立ちするように上げ下げしてふくらはぎを鍛えます。ふくらはぎは普段の生活でとても多く使われるので持久力が強いです。ですので高重量か回数とセット数を多くして、限界まで追い込むオールアウトで極端に鍛えないと中々大きくならない筋肉です。
■下半身を鍛える・ふくらはぎ(ひふく筋)

シーテッドカーフレイズのやり方!スミスマシンでヒラメ筋を鍛える

ふくらはぎを鍛えるトレーニングの中で、唯一ヒラメ筋をメインとして鍛えられるトレーニングです。 バーベルやダンベル、スミスマシンなどを使って座った状態でつま先立ちするように上げ下げしてふくらはぎを鍛えます。シーテッドカーフレイズは、立って行うスタンディングカーフレイズよりふくらはぎの下の部分をより強化できます。
■腕を鍛える・前腕筋

ビハインドバックリストカールで前腕筋に効果的なやり方を動画で確認

バーベルを体の後ろで持ち手首を曲げて前腕筋を鍛えるトレーニングです。 前腕筋の中でも屈筋を強化するトレーニングで、リストカールのバリエーションの一つです。 後ろからではなく体の前からバーベルを持って行うこともできます。体にある骨格筋の中で腓腹筋(ふくらはぎ)と共に一番筋肥大が難しい筋肉が前腕筋です。
■腕を鍛える・前腕筋

リストエクステンションのやり方!重量や回数・効果のある筋肉を解説

両手をオーバーグリップでバーベルやダンベルなどを持ち、手首を上下させて前腕筋を鍛えるトレーニングです。 リストカールとはバーベルやダンベルの持ち方の違いがあるだけですが、リストカールで鍛えられる前腕筋の屈筋を鍛えるのに対し、今回のリストエクステンションは前腕筋の伸筋を鍛えられます。
■腕を鍛える・前腕筋

リストカールのやり方とバーベル・EZバーの重さ設定や回数を解説

現役トレーナー監修!両腕をアンダーグリップでバーベルやダンベルなどを持ち、上下させて前腕筋を鍛えるトレーニングです。高重量のハイレップスでセットごとにオールアウトして(回数を決めずに限界がくるまで)鍛えないと、なかなか大きくなりにくい筋肉です。回数や重量設定も参考に。たくましい前腕を鍛えましょう。