バイセプスカール

■腕を鍛える・上腕二頭筋

ケーブルアームカールで上腕二頭筋に効かせるやり方とフォーム

ケーブルアームカール(Cable Arm Curl)とは、ケーブルマシンを利用して行うケーブルカールのバリエーションで、上腕二頭筋を鍛えるトレーニングです。 ケーブルカールは、ケーブルを下の位置から引き上げる動作なので動きは似ていますし違いもほとんどないと思われるかもしれません。 しかしケーブルカールはどうしても三角筋前部にも少し刺激が入ってしまうのに比べて、このケーブルアームカールは三角筋前部にほとんど刺激が入らず上腕二頭筋に刺激が集中されるメリットがあります。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

ケーブルリバースカールで上腕二頭筋長頭に効果を出すやり方とフォーム

現役トレーナーとボディビルダーが監修!バーをアンダーグリップで持って行うケーブルカールは上腕二頭筋全体を鍛えるのに対し、ケーブルリバースカールは上腕二頭筋の長頭に特に刺激が集中するので、二の腕の力こぶを作るよりは太さや厚みをつけていくことができます。やり方やフォームを動画で確認できます。重量設定や回数も参考に。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

ケーブルハンマーカールのやり方!ロープとマシンを使ったフォーム

ダンベルハンマーカールをケーブルマシンで行うトレーニングで、ロープをニュートラルグリップで持って上腕二頭筋の長頭をメインに鍛えます。やり方とフォームを動画で確認。重量設定や回数も参考に。フリーウエイトのハンマーカールと効果的な面ではほとんど同じですが、ケーブルマシンのメリットである持続的な刺激と緊張維持に有利です。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

ケーブルカールのやり方やフォーム!マシンを使った筋トレの重量設定

ケーブルマシンを利用して上腕二頭筋全体を鍛えるトレーニングです。バイセプスカールのやり方は似ているものが多いですが、グリップ方法・ひじの位置・マシンorフリーウェイト かによって刺激ポイントや鍛えられる部位が少しずつ変わります。やり方やフォームを動画で確認。重量設定や回数・インターバルも参考に。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

オルタネイトカールでダンベルカールより上腕二頭筋を収縮させる方法

ダンベルカールを左右交互に行うトレーニングです。やり方やコツ・フォームを動画で確認。交互に行うことで得られるメリットはまず筋肉への刺激が集中することです。ダンベルカールでは刺激が両手にそれぞれ分散されてしまいます。オルタネイトカールは片手ずつ行うので、一ヶ所に神経が集中されてより強く刺激を与えられるし感じられます。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

ダンベルスピネイトカールのやり方や効果・重量!フォームは動画で確認

ハンマーカールとダンベルカールの二つの動きをあわせ持つ動作で、上腕二頭筋を全体的に鍛えられるトレーニングです。ニュートラルグリップから始めて、動作の後半から手首を外側に回して持ち上げてアンダーグリップになるように行います。フォームを動画で確認。重量設定や回数・インターバルも参考に。上腕筋や腕橈骨筋にも効果があります。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

インクラインダンベルカールで上腕二頭筋長頭に効果的なやり方と重量

インクラインベンチに座って上半身を斜めにして二の腕を鍛えるトレーニングです。 上腕二頭筋を最大に弛緩させて可動域を出来る限り大きくしたトレーニングで、特にスタートポジションから上腕二頭筋の下部にかかる負荷が急激に増えているので、ダンベルカールとプリーチャーカールを同時に行うような効果を得られます。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

ハンマーカールで上腕二頭筋長頭に効果を出すやり方を動画で解説!

バイセプスカールの一つで、ニュートラルグリップでダンベルを上下させて上腕二頭筋を鍛えるトレーニングです。名前の由来は、かなづちを打つような動作から付けられていて、ダンベルカールとの違いは上腕筋、腕橈骨筋、上腕二頭筋(長頭)により刺激が集中的に入ります。やり方を動画で確認しましょう。平均の重量設定も参考に。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

コンセントレーションカールのやり方や重量・回数!コツや効果を解説

上腕二頭筋に集中して刺激を与えるトレーニングです。ベンチに座って腰を前に倒し、片手で体を固定して行うので体の反動を最小に抑えられます。効かないと言う人はフォームやコツを動画で確認してみましょう。平均的な重さの設定や回数・やり方を解説します。ピークコントラクションを取り入れ、1~2秒動きを止めるとより効果的です。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

ダンベルカールのフォーム・やり方の解説!平均重量や回数・呼吸の仕方

上腕二頭筋の形を作っていくのに最高なトレーニングと言えます。バーベルカールとの違いは、色々な動きができる自由度です。ダンベルカールは可動域が広く自由な軌道で行えるので、最大弛緩と最大収縮ができます。やり方とフォームを動画で確認。重さの設定や呼吸の仕方、回数も参考に。