上腕三頭筋

■胸を鍛える・大胸筋

スミスマシンナローベンチプレスで上腕三頭筋に効果的なやり方や手幅

スミスマシンナローベンチプレス(Smith Machine Narrow Bench Press)とは、通常のベンチプレスでは肩幅より広めにバーを持つのに対し、両手のグリップ間隔を肩幅よりも狭くしてスミスマシンを使って行うベンチプレスです。 ベンチプレスは大胸筋を鍛える代表トレーニングですが、両手の幅を狭くして行うナローベンチプレスに限っては、大胸筋よりも上腕三頭筋を中心に鍛えるトレーニングになります。グリップを狭くするほど三角筋と大胸筋の外側からの介入が減って上腕三頭筋の全体と胸の真ん中に刺激が集中されます。両手の幅は10cmから肩幅まで様々です。
■胸を鍛える・大胸筋

クローズグリップベンチプレスで上腕三頭筋に効果を出すやり方と重量

両手のグリップ間隔を肩幅よりも狭くして行うベンチプレスです。 ベンチプレスと言うと胸の筋肉を鍛えるトレーニングの代表ですが、手幅を狭くして行うクローズグリップベンチプレスに限っては、大胸筋よりも上腕三頭筋を中心に鍛えるトレーニングになります。やり方やフォームを動画で確認しましょう。重量設定や回数、インターバルも参考に。
■腕を鍛える・上腕三頭筋

ケーブルトライセプスエクステンションのやり方やフォーム・重量設定

ケーブルで行うトライセプスエクステンションは、動作中ずっと張力が一定的に発生されるため、筋肥大にも有利なので上腕三頭筋を鍛えたい人は必ず行う必要があるトレーニングです。ケーブルマシンはスーパーセット法やコンパウンドセット法などを行うのに最適です。動画でフォームを確認。コツやポイントも参考にメニューに取り入れましょう。
■腕を鍛える・上腕三頭筋

ダンベルライイングトライセプスエクステンションのやり方とフォーム

ダンベルを持ってベンチに横になった状態で上から頭の真横にひじを曲げて上腕三頭筋を鍛えるトレーニングです。 バーベルより動きが自由なメリットがありますが、初心者が行うには両方のダンベルのバランスをとりながら行うことが少し難しいです。やり方やフォームを動画で確認。重量設定や回数も参考に。
■腕を鍛える・上腕三頭筋

バーベルライイングトライセプスエクステンションのやり方とフォーム

ベンチに横になり順手で持ったバーベルを頭の真上から後頭部へ上下させて上腕三頭筋を鍛えるトレーニングです。上腕三頭筋を鍛える代表トレーニングと言えます。フレンチプレス(French Press)という名前で呼ばれることもあります。やり方やフォームを動画で確認。重量設定や回数セット数も参考に。女性はダンベルから始めます。
■腕を鍛える・上腕三頭筋

ワンアームトライセプスエクステンションのやり方やダンベルの重量

ワンアームで行うトレーニングでは筋肉へ力が集中することでより刺激を与えやすくなるのがメリットです。今より腕のセパレーション(ディフィニション・筋肉鮮明度)を良くしたいなら二の腕のトレーニングは片方ずつ行うトレーニングはぜひ行いましょう。両手で行うトレーニングでは感じることができなかった、また新しい刺激を感じられます。
■腕を鍛える・上腕三頭筋

ダンベルトライセプスエクステンションのやり方や重量・持ち方を解説

ダンベル一つを両手で持って頭の後ろへ上げ下げすることで上腕三頭筋を鍛えるトレーニングです。女性にもやりやすいのでベンチディップス、ダンベルキックバックとともに二の腕の裏を鍛えるトレーニングとして取り入れていきましょう。ひじが痛いという人はダンベルの持ち方やフォームを動画で確認しましょう。重さの設定やア回数も参考に。
■腕を鍛える・上腕三頭筋

バーベルトライセプスエクステンションで長頭に効果的なやり方や重量

上腕三頭筋(トライセプス)のアイソレーション種目には、エクステンション系、プレスダウン系、キックバック系があります。どれもひじを伸ばして行うトレーニングですが、分けて行う理由は長頭のためです。やり方やフォームを動画で確認。初心者の平均重量や回数セット数も参考に。上腕三頭筋を鍛えるには必須のトレーニングです。
■腕を鍛える・上腕三頭筋

ベンチディップスで上腕三頭筋に効果を出すやり方やフォーム・回数とは

やり方・フォームを動画で確認!コツや肩を痛めないためのポイントも解説。慣れてきたらプレートで負荷重量をかけても良いです。基本はベンチを使って自重で上腕三頭筋を鍛えるトレーニングです。ディップスというトレーニングは大胸筋を鍛えるトレーニングですが、フォームを少し変えることで上腕三頭筋のトレーニングにもなります。
■腕を鍛える・上腕三頭筋

ケーブルキックバックのやり方とフォーム・重量設定やコツを解説

動画でやり方をチェック!ダンベルキックバックは腕を伸ばした時が刺激が一番強いですが、ひじを曲げておろすと刺激はほとんどなくなるので、その弱点をカバーするのケーブルキックバックです。腕を曲げたところでもケーブルからの張力が発生するため、ずっと広い範囲で負荷がかかります。初心者の男女別重さの設定や回数セット数も参考に。