三角筋前部

■肩を鍛える・三角筋中部

スミスマシンショルダープレスのやり方や重量設定・効果を確認!

持ち上げたバーベルを顔の前に下ろす動作で三角筋(肩)の全体と三角筋の周りまで鍛えられる肩トレーニングです。スミスマシンフロントプレスとも呼ばれていて、主に座った状態で行います。スミスマシンで行うので持ち上げたバーベルがぶれたりしないで安定性が高く、高重量も可能です。ショルダープレスの場合は垂直より傾斜スミスマシンの方が良いです。
■胸を鍛える・大胸筋

クローズグリップベンチプレスで上腕三頭筋に効果を出すやり方と重量

両手のグリップ間隔を肩幅よりも狭くして行うベンチプレスです。 ベンチプレスと言うと胸の筋肉を鍛えるトレーニングの代表ですが、手幅を狭くして行うクローズグリップベンチプレスに限っては、大胸筋よりも上腕三頭筋を中心に鍛えるトレーニングになります。やり方やフォームを動画で確認しましょう。重量設定や回数、インターバルも参考に。
■肩を鍛える・三角筋前部

ケーブルフロントレイズで三角筋前部(肩)に効かせるやり方とフォーム

現役トレーナー監修。ケーブルマシンを使って正面から見える肩の前部(三角筋前部)を鍛えるトレーニングです。他のレイズとは違って、ケーブルにストレートバーのアタッチメントを付けて両手で行うことが一般的です。やり方を動画で確認。重量設定や回数・セット数、インターバルも参考に。可動域を大きく動作することも重要です。
■肩を鍛える・三角筋前部

バーベルフロントレイズで三角筋前部に効果的なやり方やフォームのコツ

現役トレーナー監修。やり方やフォームを動画で確認。重量設定や回数、セット数も参考に。バーベルフロントレイズは初心者が行うには重要度があまり高くないトレーニングなので、中級者以上になってから行うことをおすすめします。レイズというトレーニングは肩の筋肉の形をきれいに仕上げるトレーニングです。
■肩を鍛える・三角筋中部

アーノルドプレスの効果的な筋トレのフォームとやり方を動画で確認!

ダンベルショルダープレスのバリエーションの一つで、ダンベルを頭上に持ち上げるトレーニングです。由来はその名の通りシュワちゃんが考案した筋トレで、部位は三角筋中心です。肩のプレス系の中で一番可動域が広く行えます。やり方とフォームを動画で確認しましょう。重量設定は重くしすぎず可動域をしっかり活用することが重要です。
■肩を鍛える・三角筋中部

ショルダープレスのやり方とコツを解説!マシンの使い方や平均重量も

肩から上に持ち上げる動作で肩を重点的に鍛えるトレーニングです。ショルダープレスマシンを使ったやり方やフォームを動画で確認しましょう。フリーウエイトではバーベルの動きやバランスを取るなどかなりの集中力を要しますが、ショルダープレスマシンは肩の力だけに集中して行えるので肩の筋肥大にかなり有利です。
■胸を鍛える・大胸筋

チェストプレスマシンの使い方!やり方やフォームと平均重量を解説

ベンチプレスをマシンで行うようなトレーニングです。フォームとやり方を動画で確認しましょう。今回はシーテッドチェストプレスです。チェストプレスは決まった軌道にしか動かさないので難易度は低く初心者でもやりやすくなります。さらにターゲットの筋肉だけを集中的に使いやすいので筋肥大に有利です。
■肩を鍛える・三角筋中部

ダンベルショルダープレスの平均重量は?効果的なやり方を動画で解説

ダンベルの特徴である広い可動域を活かして肩を鍛える、オーバーヘッドプレス系トレーニングです。重量を重たくしすぎると可動域を最大限に利用できず正しいフォームを維持できなかったり負傷しやすいため、少し軽いくらいの重量から始めていきます。座って行う方法(シーテッド)と、立って行う方法(スタンディング)があります。
■肩を鍛える・三角筋中部

アップライトロウ(バーベル・ダンベル)の効果を出すやり方とフォーム

下から引く力で肩を鍛えます。やり方とフォームを動画で確認してたくましい肩を作りましょう。引っ張って上げるロウは基本的に背中のトレーニングですが、上体を立たせることで肩の筋肉である三角筋への刺激を強くすることができます。基本はバーベルです。他にもダンベル、EZバー、スミスマシン、ケーブル、チューブ、ケトルベルもできます。
■肩を鍛える・三角筋前部

フロントレイズのやり方フォームを動画で解説!効果や手の向きも確認

腕を前に上げて行うレイズです。中級者以上で三角筋の前部に刺激を与える必要がある人に限って行います。三角筋前部は中部、後部より可動域が広いので、おでこまで持ち上げても良いです。ダンベル、バーベル、プレート、ケーブルでもできます。持ち方は一般的にはオーバーグリップで行いますが、ニュートラルグリップの方が効き目は強いです。
スポンサーリンク