ローイング

■肩を鍛える・三角筋後部

シーテッドロウのメイン筋肉を三角筋後部に!やり方やグリップ方法

シーテッドロウ(シーテッドローイング)の基本は背中の広背筋をメイン筋肉としたトレーニングですが、グリップの位置とやり方によっては肩の背面である三角筋後部をメイン筋肉に変えられます。 シーテッドロウ(シーテッドローイング)のアレンジとして三角筋後部を鍛えるやり方について見ていきましょう!
■体幹を鍛える

スミスマシンベントオーバーローイングのやり方とフォームを解説

ローイング系のトレーニングは腰を前に曲げた状態で引っ張るベントオーバーローイング、上半身を立てた状態で引っ張るパラレルローイングに分かれていますが、スミスマシンで出来るのはベントオーバーローイングです。 バーが固定されているため、うまく利用すればフリーウエイトで行うバーベルローイングより腰への負担を減少できるのでより集中しやすくなります。
■体幹を鍛える

ケーブルマシンベントオーバーローイングのやり方を動画で解説

ケーブルマシンを使用して行うベントオーバーローイングで背中を鍛えるトレーニングです。ケーブルマシンは動きのスピードや軌道、姿勢などを自分で細かく設定してコントロールができるのがメリットです。腰を前に曲げた状態で引っ張るベントオーバーローイング、上半身を立てた状態で引っ張るパラレルローイングも行うことができます。
■体幹を鍛える

ケーブルローイングのシーテッドとスタンディングのやり方を動画で解説

立った状態で行うスタンディングロウと座った状態で行うシーテッドロウがあり、よく知られているのはロングプルとも呼ばれるシーテッドケーブルロウです。ベンチに座った状態で正面からアタッチメント(Vバー)を付けたケーブルを体の方に引っ張って行います。
■体幹を鍛える

ダンベルベントオーバーローイングのやり方!呼吸や重量・効果も解説

ダンベルを使って背中を強化するローイング系のトレーニングです。背中の厚みを作り上げるのにとても効果的なトレーニングです。広背筋、大円筋、僧帽筋、菱形筋、脊柱起立筋、三角筋後部など体の後部をほとんど強化できます。呼吸の仕方や重量設定、回数やインターバルも参考に。効かないのはフォームが間違っている可能性が高いです。
■背中を鍛える・広背筋

ワンアームダンベルロウのやり方!広背筋に効くコツ・フォームを解説

ベンチなどに体を固定して、片方ずつ行うローイング系トレーニングです。 両手を同時に行うバーベルローイングより、背中の中央部位への弛緩と収縮範囲が広くなるので背中の中央をより集中的に鍛えられます。ベンチに体を支えて行うので腰への負担がほとんどありません。やり方やフォームを動画で解説。重量設定や回数・インターバルも参考に。
■背中を鍛える・広背筋

インバーテッドロウで広背筋に効果的なやり方とフォームを動画で解説

斜めに仰向けになった状態で体を引き上げて背中を鍛える自重トレーニングです。リバースロウ、リバースプッシュアップとも呼ばれます。どこでもできるトレーニングで、ジムではラックにかけているバーベルか、スミスマシンのシャフトで行えます。広背筋、菱形筋、僧帽筋、腰を支えるコア筋肉と腹筋まで強化できる機能的なトレーニングです。
■体幹を鍛える

Tバーロウ(Tバーローイング)を自作で行う器具や効果・やり方を解説!

主に専用のマシンで背中を鍛えるトレーニングで、固定された長いバーベルシャフトにプレートをつけて負荷を調節して両脚の間から腕を引き上げて行うロウですが、バーベルのシャフトとVバーを使って自作でも鍛えられます。やり方を動画で確認できます。重量設定や回数とセット数、インターバルも参考にして広背筋を大きくしましょう。
■背中を鍛える・広背筋

シーテッドロウマシン(シーテッドローイング)のやり方と効果を解説

腕を引くローイング系の動作で、座って行うマシンのトレーニングです。広背筋を鍛える他のトレーニングに比べて座って行うためエネルギー消耗が少なく背中を鍛えるメニューの最後のトレーニングにも最適です。グリップを体の真横まで引くと広背筋だけを鍛え、体の後ろまでできるだけ多く引くと僧帽筋、菱形筋、三角筋後部まで刺激が入ります。
■体幹を鍛える

バーベルベントオーバーローイングのやり方とフォームを動画で解説

バーベルベントオーバーローイング(Barbell Bent Over Rowing)とは、バーベルローイングとも呼び、船をこぐという意味のローイングで、正面か下から重いものを引っ張る動作で背筋を鍛えるトレーニングです。ローイングは腰を前に曲げた状態で引っ張るベントオーバーローイング、上半身を立てた状態で引っ張るパラレルローイングに分かれます。その中でも、このバーベルベントオーバーローイングがローイングの代表的なトレーニングになります。ベントオーバーバーベルローイングはグリップ法によって2つに分けられます。オーバーグリップ(順手)かアンダーグリップ(逆手)かによって刺激される筋肉部位が変わります。