ウイダートレーニング

【筋トレ知識】ウイダートレーニング法

スタッガードセット法のやり方!短時間で鍛える組み合わせ例や効果

スタッガードセット法(Staggered Sets)とは、胸や背中、足のように大きい筋肉をトレーニングする時のセット間インターバルに小さく発達しにくい筋肉部位のトレーニングを取り入れて行うウイダートレーニング原則のひとつです。 休憩を...
【筋トレ知識】ウイダートレーニング法

筋トレで反動を使うチーティング法のメリットや効果を出せる種目とは

チーティング法(Cheating)とは、体の反動を使って限界回数を強制的に2~3回以上増やすトレーニング法で、ウイダートレーニング原則のひとつです。 リバースグラビティ法も反動を使ったやり方でしたが、リバースグラビティ法(エキセントリ...
【筋トレ知識】ウイダートレーニング法

リバースグラビティ法(エキセントリック法)のやり方やおすすめ種目

リバースグラビティ法(Reverse Gravity)とは、いつもより高重量にして行い、収縮する時にはサポーターの補助か体の反動を使って持ち上げて、弛緩する時(ネガティブ動作)は補助なしで自分の力で耐えながらゆっくり下ろしていくトレーニング...
スポンサーリンク
【筋トレ知識】ウイダートレーニング法

ピークコントラクション法は筋トレの効果を最大に引き出すスキル!

ピークコントラクション法(Peak Contraction)とは、ウイダートレーニングの原則のひとつで、筋トレ中の動作で一番力を入れたときに動きを1~2秒止めることで筋肉にさらに刺激を与えるトレーニング方法です。 動きを止める...
【筋トレ知識】ウイダートレーニング法

ジャイアントセット法とは?筋肥大より筋持久力アップに効果的!

ジャイアントセット法(Giant Sets)とは、ウイダートレーニングの原則のひとつで、同じ筋肉部位の4つ以上のトレーニングをインターバル(休息)なしに続けて行うトレーニング法です。 トライセット法よりもさらに種目を増やして行う方法で...
【筋トレ知識】ウイダートレーニング法

ディセンディングセット法(ドロップセット法)とは?筋肥大の効果が凄い

ディセンディングセット法(Descending Sets)とは、ウイダートレーニングの原則のひとつで、1つの種目のトレーニングをオールアウト(筋肉が力を出し切った状態)までやったら休憩なしで重量を減らしてまたオールアウトまで行い、筋肉に刺激...
【筋トレ知識】ウイダートレーニング法

トライセット法で筋トレ!筋肉のカットや絞りを出すスキルのやり方

トライセット法(Tri Sets)とは、ウイダートレーニング原則のひとつで、同じ筋肉部位のトレーニングを3種類続けて休息せずに行うトレーニング法です。 コンパウンドセットにもう1つのトレーニングを追加した方法で、筋持久力と筋肉のカット...
【筋トレ知識】ウイダートレーニング法

コンパウンドセット法とは?やり方や組み合わせ例を紹介!

コンパウンドセットセット法(Compound Sets)とは、ウイダートレーニングの原則のひとつで、同じ部位のトレーニングを2種類インターバルなしに1セットとして行う方法です。 筋肥大に直結する刺激を2倍に増やして追い込むスキルともい...
【トレーニングメニュー】おすすめ

ダブルスプリット筋トレのメニューやルーティン!筋肥大や減量に効果

ダブルスプリット(Double Spilt Training Principle)とは、午前・午後などに分けて1日に2回トレーニングを行うという、ウイダートレーニングの原則のひとつです。 このトレーニング法は多くのボディビルダーが活用...
【筋トレ知識】ウイダートレーニング法

筋トレの時間がない時に効率的なスーパーセット法のメリットや例とは

年度末は、学生も社会人もみんな忙しい時期ですね。 仕事やプライベートが忙しくなるとトレーニングの時間は後回しにされがちです。 しかしトレーニングをやめてしまうのではなく、時間を短縮してでも習慣で筋トレ時間を作っていけると良いです...
スポンサーリンク