僧帽筋

【トレーニングメニュー】おすすめ

背中の筋トレメニューの順番や組み方!ジムのマシンやダンベルで!

今回は部位別の筋トレメニューの最後、背中編です! 背中の筋トレメニューの順番や組み方について紹介します。 ジムのマシンやフリーウエイトでダンベル・バーベルを使用したトレーニング内容です。 背中の筋トレメニュー!の前に背中の筋肉を確認 ジムに通う人の中には、広くてかっこいい背中を目指している人は多くいると思います。 背中は上半身の筋肉で一番大きいサイズを誇ります。 背中は1種類の筋肉ではなくいくつかの筋肉が集まっています。
■体幹を鍛える

ケーブルマシンベントオーバーローイングのやり方を動画で解説

ケーブルマシンを使用して行うベントオーバーローイングで背中を鍛えるトレーニングです。ケーブルマシンは動きのスピードや軌道、姿勢などを自分で細かく設定してコントロールができるのがメリットです。腰を前に曲げた状態で引っ張るベントオーバーローイング、上半身を立てた状態で引っ張るパラレルローイングも行うことができます。
■体幹を鍛える

ケーブルローイングのシーテッドとスタンディングのやり方を動画で解説

立った状態で行うスタンディングロウと座った状態で行うシーテッドロウがあり、よく知られているのはロングプルとも呼ばれるシーテッドケーブルロウです。ベンチに座った状態で正面からアタッチメント(Vバー)を付けたケーブルを体の方に引っ張って行います。
■背中を鍛える・僧帽筋

シュラッグ(バーベル・ダンベル・スミスマシン)のやり方やコツを解説

肩をすくめる動作はあまりトレーニングの動作には見えませんが、僧帽筋上部の筋肥大には最高の効果を出すトレーニングです。可動域が短いトレーニングなので、集中して最大に可動域を広く使って行う必要があります。重量設定は多少重めがいいです。中級者以上になっていくと筋肉全体的なバランスの良い発達のために行う必要が出てきます。
■体幹を鍛える

ダンベルベントオーバーローイングのやり方!呼吸や重量・効果も解説

ダンベルを使って背中を強化するローイング系のトレーニングです。背中の厚みを作り上げるのにとても効果的なトレーニングです。広背筋、大円筋、僧帽筋、菱形筋、脊柱起立筋、三角筋後部など体の後部をほとんど強化できます。呼吸の仕方や重量設定、回数やインターバルも参考に。効かないのはフォームが間違っている可能性が高いです。
■背中を鍛える・広背筋

ワンアームダンベルロウのやり方!広背筋に効くコツ・フォームを解説

ベンチなどに体を固定して、片方ずつ行うローイング系トレーニングです。 両手を同時に行うバーベルローイングより、背中の中央部位への弛緩と収縮範囲が広くなるので背中の中央をより集中的に鍛えられます。ベンチに体を支えて行うので腰への負担がほとんどありません。やり方やフォームを動画で解説。重量設定や回数・インターバルも参考に。
■体幹を鍛える

Tバーロウ(Tバーローイング)を自作で行う器具や効果・やり方を解説!

主に専用のマシンで背中を鍛えるトレーニングで、固定された長いバーベルシャフトにプレートをつけて負荷を調節して両脚の間から腕を引き上げて行うロウですが、バーベルのシャフトとVバーを使って自作でも鍛えられます。やり方を動画で確認できます。重量設定や回数とセット数、インターバルも参考にして広背筋を大きくしましょう。
■肩を鍛える・三角筋中部

ダンベルショルダープレスの平均重量は?効果的なやり方を動画で解説

ダンベルの特徴である広い可動域を活かして肩を鍛える、オーバーヘッドプレス系トレーニングです。重量を重たくしすぎると可動域を最大限に利用できず正しいフォームを維持できなかったり負傷しやすいため、少し軽いくらいの重量から始めていきます。座って行う方法(シーテッド)と、立って行う方法(スタンディング)があります。
■肩を鍛える・三角筋中部

アップライトロウ(バーベル・ダンベル)の効果を出すやり方とフォーム

下から引く力で肩を鍛えます。やり方とフォームを動画で確認してたくましい肩を作りましょう。引っ張って上げるロウは基本的に背中のトレーニングですが、上体を立たせることで肩の筋肉である三角筋への刺激を強くすることができます。基本はバーベルです。他にもダンベル、EZバー、スミスマシン、ケーブル、チューブ、ケトルベルもできます。
スポンサーリンク