ダイエット

【サプリメント】

BCAAの効果や飲むタイミングとは?オススメランキングや飲み方を紹介

いまやトレーニングする人には欠かせない飲み物といえばBCAAでしょう。水に溶かして飲む粉末状や最初から飲み物としてスポーツドリンクに入っていたりもします。改めてBCAAとは何なのか、効果的な飲むタイミングや実際に飲んでみた感想をもとにしたおすすめも紹介します!BCAA(Branched Chain Amino Acid)とは、必須アミノ酸のうちの3種類の総称です。筋トレや運動をした時の消費するエネルギー源として主に利用されます。このBCAAが体内に足りていないと、体がエネルギーを補給するために筋肉を分解してエネルギーに回して使うので、言い換えるとどんどん筋肉が使われてしまうのです。
【筋トレ知識】ダイエット関連

現実的なダイエット目標!減量が早すぎても決して良くない理由とは?

質問の中には「減量はこのぐらいの期間でどのぐらい落とせるの?」「どのぐらいまで落とせるの?」 といった内容が多くあります。実はこれには正確な答えは不可能です。まず、本人のやる量にもよるし、人によって感じるダイエットの難易度はそれぞれだからです。100kg以上の肥満体型で10kgも落とせなくて苦労する人もいるし、20kgくらいは簡単に落とす人もいます。これには性格や食習慣、その他にいろいろ理由があります。もちろん一番の要因は食欲です。 というように、人それぞれではありますが、客観的に現実的なダイエット目標や落とす早さ・期間はどのぐらいがいいのでしょうか。夏に向けて急に欲張ってダイエットしようとする人に、ダイエット目標の設定に関してみていきましょう。
【筋トレ知識】ダイエット関連

ダイエットと睡眠の関係とは!寝る時間によって太るという驚愕の事実

あなたは普段、1日に何時間くらい寝ていますか? たっぷり寝て良い睡眠がとれた翌日は、体もすっきりして肌もツヤツヤになるのは経験したことがあるでしょう。 テレビ番組では寝ないとストレスがたまり、食事量が増えて太ってしまうという内容で紹介されていたりもします。 これは本当なのでしょうか。 そこで睡眠と体重の変化の関係について、アメリカの学術誌(米国臨床栄養学ジャーナル、Journal of Clinical Nutrition)での研究の原文からみてみます。
【筋トレ知識】

トレーニングは何時間が効果的?長すぎるとダイエットに良くない理由

体重を一番気にしてダイエットに励む人の中には、トレーニングをあまりにも長くしている人がいます。 1時間くらいではトレーニングした気がしなくて、2時間も3時間もやっている人もいます。 個人的には一般的に本番のトレーニングを90分以上するのは時間の無駄である、というのが持論ではありますが(Ryo)、実践者が時間の余裕があるから長くやりたいと言うのであれば、それを止めることはなかなかできません。 しかし本当に長時間のトレーニングはダイエットに有効なのでしょうか。
【筋トレ知識】ダイエット関連

EPOC(エポック)・アフターバーン効果で有酸素運動後に体脂肪燃焼!

息苦しくなるほどの高強度のトレーニングを行った後、私たちの体は回復のために多くのエネルギーを必要とします。運動をしていない通常の安定時よりも、はるかに多くの酸素を運動が終わっても引き続き消耗します。 その時の代謝量が増加した状態のことをEPOC(エポック)効果といいます。アフターバーンとも呼ばれます。 この効果は、トレーニングしてから時間が過ぎて体が安定して行く時にも代謝量を低くならないように代謝を消費します。最長で2時間ほどは効果が持続すると言われています。つまり、たくさんの汗をかくほど激しくトレーニングをした後は、2時間くらい勝手にどんどんエネルギーを消耗し続けてくれる、ゴールデンタイム(EPOC効果)が発生するのです。
【トレーニングメニュー】おすすめ

マシンだけの筋トレメニュー!ケーブルやスミスマシンのトレーニング

スポーツジムやフィットネスクラブに通う人向けに、トレーニングマシンを使った筋トレメニューを紹介します。決められた動線だけでトレーニングするマシンは、アイソレーション種目が多く、特定の筋肉にしか作用しません。もちろんターゲットとする筋肉を鍛えるためには有効ですし、正しいフォームで行えば効果もしっかり期待できます。
【トレーニングメニュー】おすすめ

ダンベルだけの筋トレメニュー!自重も取り入れ自宅でもトレーニング

ホームトレーニングとして、家に重さの調節できるダンベルがある場合にできる筋トレメニューを組みました。天気が悪い日にジムに行けなくても、自宅でしっかり鍛えてしまいましょう!バルクアップやダイエットなど、目的別に4パターンに分けています。トレーニング種目名・回数・セット数・セット間のインターバルの順に記載しています。
【トレーニングメニュー】おすすめ

ダンベルとバーベルの筋トレメニュー!フリーウエイトだけで体を強化

今回は、「ダンベルとバーベルを使った筋トレメニュー編」です。 ダンベルとバーベルを使ったトレーニング種目を中心にメニューを構成しました。 道具を使わず自重で行う筋トレも含まれています。 トレーニングマシンを使わないでできるので、自宅でもジムのフリーウエイトコーナーでも行うことが可能です。
スポンサーリンク