前鋸筋

■胸を鍛える・大胸筋

バーベルプルオーバーの筋トレ効果は大胸筋!重量やフォームを解説

現役トレーナー監修。バーベルプルオーバーの場合は他の種目とのコンパウンド的なトレーニングに活用するのに最適なので、中級者以上の方々がよく行うトレーニングです。やり方やフォームを動画で解説。重量設定や回数、セット数も参考に。肩が痛い人や関節の柔軟性があまりない人は無理に行うと負傷しやすいので他の種目で鍛えましょう。
■胸を鍛える・大胸筋

ケーブルクロスオーバーマシン・ロープーリーは大胸筋上部に効果大!

ケーブルを一番下に下げて行うケーブルクロスオーバーです。動画でやり方とフォームを確認。ケーブルクロスオーバーと動きは同じですが、筋肉部位の位置が違います。ケーブルを下にするほど大胸筋の上部が鍛えられます。ケーブルクロスオーバーより刺激を感じやすいので初心者でもフォームさえ真似して行えばすぐに胸の刺激を感じられます。
■胸を鍛える・大胸筋

ケーブルクロスオーバーマシンで大胸筋下部に効くやり方とフォーム

チェストフライのバリエーションの一つで、ケーブルマシンを使い引っ張る動作で大胸筋を鍛えるトレーニングです。ケーブルの位置を変えることで(ケーブルクロスオーバー・ロープーリー)大胸筋の中でも刺激スポットが変わるので、日ごとに位置を変えるなどして鍛えていきましょう。動画でやり方とフォームを確認。重量や回数も参考に。
■胸を鍛える・大胸筋

ダンベルプルオーバー効果的な重量は?やり方やフォームを動画で確認

ベンチに横になった状態でダンベルを両手で持ち、顔の上から頭の後ろまで半円の軌跡で動かして大胸筋、上腕三頭筋、背中も鍛えるトレーニングです。ベンチの幅が狭く肩甲骨も乗らない場合は横向きに体を乗せて行います。回数や重量設定も参考に。肩が痛い場合はフォームの見直しも必要ですが、このトレーニングが合わない人もいます。
■胸を鍛える・大胸筋

インクラインプッシュアップとは?やり方のコツや活用方法を紹介

手をベンチなどに置き体を斜めにして腕立て伏せを行います。正しいやり方や活用方法を紹介。動画でフォームを確認しましょう。デクラインプッシュアップとは反対で難易度は下がります。バランスボールなどで行うと体を支える体幹も鍛えられます。最後の追い込みで取り入れたり、手幅を狭くした腕立て伏せをインクラインで行うこともできます。
■胸を鍛える・大胸筋

デクラインプッシュアップで大胸筋上部に効果を出すコツを動画で確認

通常の腕立て伏せ(プッシュアップ)のバリエーションの一つで、足を手の位置より高いところに乗せて行い負荷を上げたトレーニングです。動画でフォームを確認しましょう。同じ自重トレーニングでも難易度が高くなり、より筋肉を鍛えられます。大胸筋の上部に刺激が集中します。効果を出すコツや回数(限界回数)高さの目安も紹介。
■胸を鍛える・大胸筋

プッシュアップ(腕立て伏せ)の正しいやり方とフォームを動画で確認

プッシュアップ(Push Up)とは、つまり腕立て伏せのことで胸を鍛える自重トレーニングの代表です。正しいフォームを動画で紹介。ベンチプレスとは違って肩甲骨と腰を自由に動かせます。肩甲骨を動かす僧帽筋、菱形筋、前鋸筋と、腰回りのコア筋肉まで関与します。狭い肩がコンプレックスな人は、肩を広くする効果を出せます。