レッグレイズ

■腹筋を鍛える・腹斜筋

ハンギングワイパーのやり方と効果やコツ!できない人の代替は?

ハンギングワイパー(Hanging Wiper)とは鉄棒などを利用して、ぶら下がってから足を真上に上げて姿勢を維持しながらそろえた両足を左右にひねる動作で、腹斜筋を中心に腹筋全体に強い刺激を与えるトレーニングです。 ハンギングレッグワイパーとも呼ばれます。
■腹筋を鍛える・腹斜筋

ハンギングレッグレイズツイストのやり方と効果を出すフォーム!

ハンギングレッグレイズツイスト(Hanging Leg Raise Twist)とは、鉄棒などのぶら下がれるところを利用してぶら下がって、体幹をひねりながらそろえた両足を左右に交互に上げ下げして腹斜筋を鍛えるトレーニングです。 ハンギングレッグレイズツイストは腹斜筋に強い刺激を与えるトレーニングですが、腹直筋にもかなり刺激は入ります。 腹斜筋(脇腹)を鍛えるには主に、 1.ひねる動作 2.体を横に曲げる動作 のどちらかで鍛えられます。
【基本トレーニング】

筋トレの基本10種目はこれ!初心者がやるべき基礎トレーニング!

筋トレの何からやったらいいのか分からないという人向けに、必ず押さえておくべき基本のトレーニング10種目を紹介します。初心者がやるならこの基本トレーニングだけやっても筋トレ成果は出ます!全身に効くのでメニューが作れない人も、まずはこれだけやればOKです。
■腹筋を鍛える・腹直筋

リバースクランチで腹直筋に効果を出す正しいやり方とコツを解説

あお向けになった状態で足とお尻を大きく上げて腹直筋を鍛えるトレーニングです。クランチに比べて、足やお尻を上げる動作からリバースクランチと呼ばれています。太ももは上に立たせてひざは曲げた状態から行うようにします。ひざを曲げたまま行うことで腸腰筋と大腿直筋の関与を防ぎ、腹直筋だけに強い刺激が入ります。
■腹筋を鍛える・腹直筋

シーテッドニーアップで腹直筋に効果を出すやり方とフォームを解説

腹筋上部を鍛えるクランチと腹筋下部を鍛えるレッグレイズを同時に行うようなトレーニングです。身体力学的に腹筋の上部は上体を下に引き下げる役割を、腹筋の下部は下半身を上に引き上げる役割をします。やり方を動画で確認しておきましょう。回数やセット数も参考に。他の腹筋の筋トレとコンパウンドセットで行うとより効果的です。
■腹筋を鍛える・腹直筋

レッグレイズのやり方・コツと基本フォームを動画で解説!

レッグレイズ(Leg Raise)とは、シットアップが上半身を上げていく動作であるのとは反対に、レッグレイズは下半身を上げていく動作で行います。どこでも簡単に行うことができるトレーニングですが、ただ足を上下に動かすだけでは腹筋まで効かせることができないので、しっかりポイントを押さえて行う必要があります。
■腹筋を鍛える・腹直筋

ハンギングレッグレイズの効果的なやり方・フォームを動画で解説

レッグレイズの高難易度トレーニングの一つです。体をしっかり安定させて行う必要があるので、握力や上半身の筋力をつけてから行います。腰もしっかり鍛えておかないと筋肉がアンバランスになり腰痛を引き起こすこともあります。脊柱起立筋を鍛えておきましょう。現役パーソナルトレーナーとボディビルダーの東京チャンピオン監修!
スポンサーリンク