プルアップ

■背中を鍛える・広背筋

広背筋の筋トレメニュー例!ジムでの実践動画をチェック!

ボディビルダー柳さんの広背筋トレーニングの実践をジムでモニタリング! 全部で7種類の筋トレを次々とやっていき、全部で30分で仕上げています。 広背筋だけに集中して追い込んでいく様子を実際に行っている順番にご紹介します。
■背中を鍛える・広背筋

懸垂(プルアップ)のやり方動画やコツ・種類!初心者が行うおすすめ回数は?

広背筋を鍛える懸垂(プルアップ)の正しいやり方や間違ったフォームまで動画で解説します。プルアップマシンを使ってウォームアップからやる方法も。初心者でもできるようにコツやその他の種類も紹介しますので、見ながらすぐに実践していきましょう!
【基本トレーニング】

筋トレの基本10種目はこれ!初心者がやるべき基礎トレーニング!

筋トレの何からやったらいいのか分からないという人向けに、必ず押さえておくべき基本のトレーニング10種目を紹介します。初心者がやるならこの基本トレーニングだけやっても筋トレ成果は出ます!全身に効くのでメニューが作れない人も、まずはこれだけやればOKです。
■背中を鍛える・広背筋

懸垂(プルアップ・チンアップ)の効果の違いや回数を増やすコツとは

懸垂は上半身を鍛える最高のトレーニングです。重量も増やす必要がなく簡単な動作ではありますが、難易度が高いことはご存知の通りです。正しくできれば少し持ち方を変えるだけで背中の色々な部位にピンポイントに刺激を与えることもできる万能トレーニングですので、懸垂ができない人ももう一度フォームを確認して、少しずつできる回数を増やしていきましょう!ちなみに、懸垂(チンニング)のことをプルアップあるいはチンアップともいいます。主にオーバーグリップ(手の平が正面の向き)で行う懸垂をプルアップ、リバースグリップ又はアンダーグリップ(手の平が後ろ向き、逆手)で行う懸垂をチンアップと呼び分けていますが、海外ではどちらもチンアップと呼ぶなど様々あります。
【筋トレ知識】

【知っておきたい】筋トレBIG7はBIG3を超えたボディメイクの基本!

筋トレの中で、代表となる3つの種目「筋トレBIG3」があるのは有名です。スクワット、デッドリフト、ベンチプレスの3種が基本となるトレーニングです。その3つからさらに4つの種目を加えた「筋トレBIG7」があるのは知っていますか?ボディメイクを目標として筋トレをしている人は、BIG7だけで体作りを完成させることも可能です。フィジーク選手やボディビルダーを目指す人ではなければこの7つの筋トレだけでも十分にいい体を作ることができます。これは男女関係なく同じです。女性は男性よりもヒップアップを意識する人が多いのでBIG7だけでは少し物足りなさを感じるかもしれませんが、スクワットをフルレンジでをやればお尻もバッチリ鍛えられます。
■背中を鍛える・広背筋

チンアップ(逆手懸垂)自重とマシン版のやり方とフォームを動画で確認

現役トレーナーと東京チャンピオンの現役ボディビルダーが監修!プルアップに比べて逆手で行うチンアップは背中だけでなく二の腕の力も使っていきます。広背筋下部を鍛えて背中に厚みを出していきましょう。動画で正しいフォームや気をつけるポイントをしっかり確認できます。アシストマシン版の動画も搭載。
■背中を鍛える・広背筋

自重プルアップのやり方・フォームとアシストマシン版も動画で解説!

プルアップの基本フォームやコツを動画と合わせて説明します。アシストマシンを使ったプルアップも紹介。自重で行うプルアップは、最初に回数を決めるのではなく、これ以上できないくらいの限界回数まで行うのが基本です。マシン版では15回できるくらいの重量に設定します。間違ったフォームも参考にして体で覚えていきましょう!