上腕二頭筋長頭

■腕を鍛える・上腕二頭筋

上腕二頭筋の筋トレメニュー!ダンベルやマシンで長頭と短頭を鍛える

長頭と短頭の2つの筋肉から成る上腕二頭筋はどのように筋トレしていますか? 力こぶの筋肉、上腕二頭筋の筋トレメニューを紹介します。 ダンベルやバーベル、ジムのマシンを使って長頭・短頭それぞれに刺激を与えていきます!
■腕を鍛える・上腕二頭筋

ケーブルリバースカールで上腕二頭筋長頭に効果を出すやり方とフォーム

現役トレーナーとボディビルダーが監修!バーをアンダーグリップで持って行うケーブルカールは上腕二頭筋全体を鍛えるのに対し、ケーブルリバースカールは上腕二頭筋の長頭に特に刺激が集中するので、二の腕の力こぶを作るよりは太さや厚みをつけていくことができます。やり方やフォームを動画で確認できます。重量設定や回数も参考に。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

ケーブルハンマーカールのやり方!ロープとマシンを使ったフォーム

ダンベルハンマーカールをケーブルマシンで行うトレーニングで、ロープをニュートラルグリップで持って上腕二頭筋の長頭をメインに鍛えます。やり方とフォームを動画で確認。重量設定や回数も参考に。フリーウエイトのハンマーカールと効果的な面ではほとんど同じですが、ケーブルマシンのメリットである持続的な刺激と緊張維持に有利です。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

インクラインダンベルカールで上腕二頭筋長頭に効果的なやり方と重量

インクラインベンチに座って上半身を斜めにして二の腕を鍛えるトレーニングです。 上腕二頭筋を最大に弛緩させて可動域を出来る限り大きくしたトレーニングで、特にスタートポジションから上腕二頭筋の下部にかかる負荷が急激に増えているので、ダンベルカールとプリーチャーカールを同時に行うような効果を得られます。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

ハンマーカールで上腕二頭筋長頭に効果を出すやり方を動画で解説!

バイセプスカールの一つで、ニュートラルグリップでダンベルを上下させて上腕二頭筋を鍛えるトレーニングです。名前の由来は、かなづちを打つような動作から付けられていて、ダンベルカールとの違いは上腕筋、腕橈骨筋、上腕二頭筋(長頭)により刺激が集中的に入ります。やり方を動画で確認しましょう。平均の重量設定も参考に。
■腕を鍛える・上腕二頭筋

バーベルカールのやり方やフォーム!効果の出る平均回数や重量とは

バーベルカール(Barbell Curl)は、主に二の腕を鍛えるトレーニングです。 カールは名前の通り、曲げるという意味です。 腕ではバイセプス(上腕二頭筋)カール、下半身ではレッグカールがあります。 バーベルカールはバイセプスカールの基本となる上腕二頭筋の代表トレーニングです。
スポンサーリンク