チェストフライ

■胸を鍛える・大胸筋

ケーブルフライ(筋トレ)のやり方とフォーム!低重量高回数がポイント

ケーブルフライ(Cable Fly)とは、ケーブルマシンを利用して行うチェストフライのバリエーションで、大胸筋全体を鍛えるトレーニングです。 ケーブルマシンでできる他の大胸筋のトレーニングにはケーブルクロスオーバー、ロープーリーケーブルクロスオーバーなどがあります。 見た目では簡単に見える動作ですが、やり方や集中力の度合いによって効果は大きく変わります。
■胸を鍛える・大胸筋

インクラインダンベルフライのやり方やフォーム・角度の設定も解説

チェストフライ系のトレーニングでダンベルフライのバリエーションの一つです。 25~35度に斜めにしたベンチ(インクラインベンチ)に体を乗せ、両手にダンベルを持って体の上から真横にダンベルを上下させて行う大胸筋トレーニングです。大胸筋の上部である鎖骨部の筋肉をきれいに筋肉鮮明度(セパレーション)を仕上げます。
■胸を鍛える・大胸筋

ケーブルクロスオーバーマシン・ロープーリーは大胸筋上部に効果大!

ケーブルを一番下に下げて行うケーブルクロスオーバーです。動画でやり方とフォームを確認。ケーブルクロスオーバーと動きは同じですが、筋肉部位の位置が違います。ケーブルを下にするほど大胸筋の上部が鍛えられます。ケーブルクロスオーバーより刺激を感じやすいので初心者でもフォームさえ真似して行えばすぐに胸の刺激を感じられます。
■胸を鍛える・大胸筋

ケーブルクロスオーバーマシンで大胸筋下部に効くやり方とフォーム

チェストフライのバリエーションの一つで、ケーブルマシンを使い引っ張る動作で大胸筋を鍛えるトレーニングです。ケーブルの位置を変えることで(ケーブルクロスオーバー・ロープーリー)大胸筋の中でも刺激スポットが変わるので、日ごとに位置を変えるなどして鍛えていきましょう。動画でやり方とフォームを確認。重量や回数も参考に。
■胸を鍛える・大胸筋

ダンベルフライのやり方・フォームやコツは?効果的な重量設定も解説

フラットベンチに横になった状態でダンベルを両手に持ち、体の上から真横にダンベルを上下させて大胸筋を鍛えるトレーニングです。この動作で肩が痛いという場合は肘を下げすぎているかもしれません。動画で正しいフォームを確認しましょう。ダンベル片手あたりの重さの目安も紹介。肩甲骨を寄せたまま行うことで大胸筋に効果を出せます。
■胸を鍛える・大胸筋

ペクトラルフライマシンの使い方!やり方やフォームの動画と解説

チェストフライのマシン版で、伸ばした腕を外側から内側に寄せて大胸筋全体を鍛えるトレーニングです。チェストフライの代表的なダンベルフライは腕を真ん中によせたら刺激が無くなりますが、チェストフライはマシンが引っ張る力によって動作中にずっと一定した刺激を与えられることが利点です。さらに前腕に力が余計に入ることも防ぎます。
スポンサーリンク