【筋トレ知識】ウイダートレーニング法

【筋トレ知識】ウイダートレーニング法

事前疲労法トレーニング(プレイグゾースト)でメイン筋肉に効果を出す

今回は、鍛えようとする部位をより上手くたくさんの刺激を与える方法である、事前疲労法について紹介します。 以前の記事でぱーっと紹介した、ウィダートレーニング原則にもある事前疲労法は、主に大きい筋肉である太もも、背中、胸の中で、鍛えたい部位をまず単関節運動(アイソレーション種目)で、その部位に刺激や疲労を与えてから多関節運動(コンパウンド種目)のトレーニングでより多くの刺激を与えるトレーニング法です。 事前疲労法(Pre Exhaust)は、事前筋肉疲労法、プレイグゾースト法とも呼ばれています。
【筋トレ知識】ウイダートレーニング法

筋トレの停滞期を脱出するマッスルコンフュージョン(筋幻惑法)とは?

筋肥大が止まっている停滞期を抜けるために行うトレーニング法です。筋幻惑法とも呼ばれるこの技は、いつものトレーニングをずっと続けてやっていると、筋肉へ与える強度や刺激がほぼ同じとなり、筋肥大も筋力も変わらなくなってしまう停滞期に出会ったときに使います。筋肉はいつも同じ刺激ばかりではマンネリ化してしまい最初の頃にあったはずの筋肉の張りが感じられなくなってきます。そのためにも筋肉への刺激を変えるマッスルコンフュージョンは必要で、上手く取り入れてからいつものメニューに戻してみると、今まで上げられなかった重量を扱えるようになったり、回数を増やすことができるようになったりして、筋肉の成長を促すことができるようになります。
【筋トレ知識】ウイダートレーニング法

ウイダートレーニング法の原則全32種を紹介!筋トレの基本知識!

彼が何十年間のボディビル(ウエイトトレーニング)選手の指導をして数多い試行錯誤で得た科学的で効率的な原則です。つまり最大の成果を出せる筋トレの教科書的な原則だと言えます。初級者の基本的な原則から中級者、上級者の応用原則までウエイトトレーニングをしっかりできるようになりたい筋トレ好きの人々に大きなアドバイスになるでしょう。
【トレーニングメニュー】おすすめ

脱初心者が行う筋トレメニュー実践編!週4日2分割法と週6日3分割法

筋肉の部位を日ごとに分けて鍛えるスプリット(分割法)トレーニングを、より具体的なメニューで紹介します週3日以下の場合は分割法は取り入れず無分割で毎回全身を行いましょう。筋トレを始めて半年~1年以上経っていて、週4日以上トレーニングができる人は今回の分割法メニューを参考にしてください。
【トレーニングメニュー】おすすめ

筋トレ分割法(スプリットトレーニング)の効果や一週間のメニュー例!

スプリットトレーニングとは体の筋肉部位を分けて日によって部位を変えながら鍛えてより効果的に体を鍛える方法です。2分割(ぶんかつ)・3分割・4分割・5分割があります。初心者のうちはまだ筋力も強くないので無分割で良いです。週2回~週3回のトレーニングでも無分割で、週4日以上から効果が出てきます。一週間のメニュー例も紹介。